【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

30代転職希望者の、在職中・退職後のNG行為・気をつけること

      2015/12/02

在職中・退職後にこれだけはやってはいけないNG行為

 30代の転職希望者が持っていなければならないものとして、将来のビジョン・スキル・キャリアがありますが、これらを把握するためには、必ず棚卸しは必要ですし、転職活動を行うには面接の対応だって準備が必要です。そのため活動前からやることは非常に多く、少しでも怠けてしまうとあとで大変な目にあいます。

 しかし、だからといって在職中でも堂々とこれらの準備をやっていいというわけではありません。中には、在職中にやってしまうと、せっかく転職しても立場が悪くなってしまうなんてこともあり、解雇処分に遭遇してしまうという最悪のシナリオが用意されている可能性も十分有り得る話です。

 例えば、どうせ転職するからといって、会社に対して不満をぶつけまくり、転職することを同僚に言いふらすなんてことは、完全にNGです。そんなことをすれば、当然上司に対する反抗とみなされ、転職後に万が一その会社が顧客先になった場合、かなり気まずいことになってしまい居場所が無くなってしまいます。

 あくまで転職するには円満退職が絶対条件となりますので、余程のことがない限り、NGとなる行為は極力避けて通り、ビジネスマナーにはくれぐれも気をつけて転職活動するようにしましょう。

退職後もこれだけは気をつけておきたいこと

 あなたが30代ならば、退職後も特に気をつけてほしいことがあります。

 それは仕事のことで連絡があった時に、辞めた会社のことだからと突き放すのではなく、誠実に対応してほしいということです。もしこのことがしっかり出来ていなければ、最悪、責任感が無いと言われ、あなたの評判が悪くなり、転職先にでも居場所がなくなるなんてこともあるかもしれません。

 30代に対しては仕事に責任感をもって進めてくれることを企業も求めています。もしあなたが仕事に対する責任感を持っている方であれば、ますますあなたに対する信頼も挙がってきますが、その逆の態度を取れば取るほど、信頼は地に落ちてしまい人間関係も悪くなってしまうかもしれません。

 退職後の行為一つであなたの首を締めてしまうことになりかねないのでくれぐれも対応には気をつけましょうね。

【関連記事】
意外と多かった30代の転職成功率
流れに沿った転職で成功をつかむために必要な行動
転職活動は在職中に行うべきだと言われているワケとは?

 - 転職の準備をする

  関連記事

意外と多かった30代の転職成功率

20代と30代では転職率は大きく異なる  みなさんは転職活動をする際に、転職率を …

転職活動は在職中に行うべきだと言われているワケとは?

保険ありの転職と保険なしの転職  何かあった時のために備えとして別の手段や補償等 …

流れに沿った転職で成功をつかむために必要な行動

転職には必ず流れが存在する  人生誰でも一度は転職を考える時があります。特に30 …