【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

30代の転職の面接で採用を勝ち取る人は逆質問も綿密に準備

      2015/10/20

30代だからこそ大切にしたい逆質問

 30代の転職活動は、若いころの転職活動とは大きく異なり、ただ勢いや情熱だけで進められるものではありません。そんな風に活動しても、企業はキャリアやスキルを重視しているわけですから、すぐに不採用を突きつけられるだけです。

 それは、面接にも同じことが言え、ちょっとした対応や受け答えにおいても、無駄が許されないのが30代の転職における面接です。

 それを踏まえると、最後に採用担当者からされる逆質問は、あなたのことをPRする絶好のチャンスだけでなく、スキル重視と言われながら、熱意を感じさせるために絶対必要な受け答えが必要な質問事項であり、この受け答え一つで不採用となってしまうと言っても過言ではないほど重要なことです。

 間違っても『特にありません 』と答えてしまい、関心がないと逆アピールしてしまわないように気をつけましょうね。

優秀な転職希望者は逆質問も豊富に準備している

 転職のための面接で、優秀な30代の人達は、この逆質問に対する質問事項を最低でも10個は用意していると聞きます。確かにひとつしか用意していない状況下では、面接時に採用担当者からその答えを先に説明されてしまう可能性もありますし、決して安心とはいえませし、最悪質問できなくなった時の事も考えて10個は用意しておいたほうが無難です。

 優秀な方はその事を熟知しているため、必ず転職活動前に企業研究を綿密に行い質問する要項を10個準備しているのです。

 30代の転職者には、志望動機も含めて、シビアに将来のビジョンを求めるような質問及び、キャリア・スキルを求める質問しかまず受けませんので、熱意をPRするという意味でも、必ず逆質問で『特に無い』と答えずに済むように、しっかり質問する要項を10個は用意するように心がけましょうね。

【関連記事】
30代だからこそ面接でよく質問されることとは
30代転職希望者の面接時の自己紹介のやり方
30代の転職と面接後のお礼状のこと

 - 面接の準備をする

  関連記事

30代の転職と面接後のお礼状のこと

なぜ面接後にお礼状を出した方がよいのか  30代で転職活動をするときには、一度に …

30代転職希望者の面接時の自己紹介のやり方

30代でも自己紹介のやり方は基本的には20代と変わらない  転職時の面接で、たま …

30代だからこそ面接でよく質問されることとは

20代と30代では面接での質問も違う…  就職活動や転職活動でよく行われる企業の …