【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

30代の転職と面接後のお礼状のこと

   

なぜ面接後にお礼状を出した方がよいのか

 30代で転職活動をするときには、一度に複数の企業に応募することが多いでしょう。特に在職中に転職活動を行っている30代の場合、面接が終わると結果を待つだけというひとも少なくないでしょう。

 ですが、キャリアにつながる転職を実現したいなら、面接後はお礼状を出す習慣をつけておくことをおすすめします。面接後のお礼状は、候補者のレベルやスキルに差がないときにしか、内定につなげることができませんが、面接担当者に対し、自分に対して貴重な時間を割いてくれたことに関する感謝の気持ちを伝えることは、ひととして好印象を残すことになります。

お礼状を書くときのポイントとは

 では、面接後のお礼状を書くときのポイントを、まとめておきましょう。まず、書式は社外向けのビジネス文書の則ります。書くべき内容は、面接の機会を与えてくれたことに関するお礼の気持ちと、面接の際に再認識した応募企業の魅力や仕事内容についての関心、面接をしたことで、就業意欲がさらに増したことなどです。

 ここで、自己アピールに走り過ぎると、相手の心証を害す可能性が高まるので、あくまでも相手の良さを知り、そこで働きたい思いを深くした程度でとどめましょう。また、結びには重ねて謝意を綴ります。

 メールでお礼状を送るひとも増えていますが、手書きではなく、パソコンであっても、郵送することをおすすめします。封筒のあて名書きや文書の作成方法で、自分のビジネススキルをアピールするという側面もありますし、落ち着いて面接を振り返ったという印象を与えることもできます。

 面接後のお礼状は、出すタイミングも大事ですので、できるだけ面接当日に投函するようにしましょう。

【関連記事】
30代だからこそ面接でよく質問されることとは
30代転職希望者の面接時の自己紹介のやり方
30代の転職の面接で採用を勝ち取る人は逆質問も綿密に準備

 - 面接の準備をする

  関連記事

30代だからこそ面接でよく質問されることとは

20代と30代では面接での質問も違う…  就職活動や転職活動でよく行われる企業の …

30代の転職の面接で採用を勝ち取る人は逆質問も綿密に準備

30代だからこそ大切にしたい逆質問  30代の転職活動は、若いころの転職活動とは …

30代転職希望者の面接時の自己紹介のやり方

30代でも自己紹介のやり方は基本的には20代と変わらない  転職時の面接で、たま …