【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

30代の転職で活用したい5つの手順

 転職の明暗を分けるのは一体何?それは、転職を甘く見るかどうか。キャリアを積み上げてきた人は甘く見る傾向があり、そうではない人は入念に計画をして行っていく転職。意外と成功するのは後者の人だったりします。甘く見ている人は、ここで考えを改めなければなりません。

必要不可欠な転職準備は入念に

 転職を甘く見ている人の共通点は、転職準備をしないこと。キャリア整理、ゴール設定、スケジュール管理、退職のタイミングの図り方など、こうした準備をせずに転職に突っ込んでも、ただただ玉砕するだけ。キャリアを持っている人も、必ず準備は必要なのです。

【参考記事】
意外と多かった30代の転職成功率
流れに沿った転職で成功をつかむために必要な行動
30代転職希望者の、在職中・退職後のNG行為・気をつけること
転職活動は在職中に行うべきだと言われているワケとは?

30代が望むような転職をするために

 あなたの存在を企業に知ってもらうこと、これも必要です。そのためには、転職エージェントを利用して企業と結びつけてもらったり、スカウト機能で企業に見つけてもらったりしなければなりません。求人情報をこちらから一方的に見て決める、もはやそんな時代ではなく、30代はそれだけでは良い転職は望めないのです。

【参考記事】
30代の転職探しでコネを使うときは注意が必要
30代転職希望者がハローワークを活用する理想の目的
30代の転職希望者が転職エージェントを活用する本当の意味

アピールポイントを目立たせるための応募書類を

 キャリアを積み上げてきた人は、それを羅列するだけの応募書類になりがち。キャリアがあまりないと自覚している人は、どうにかしてアピールポイントを探し、それが目立つような応募書類を作り上げます。これも後者に軍配が上がるでしょう。応募書類は、アピールポイントを目立たせられるかどうかにかかっています。

【参考記事】
中途半端な志望動機は30代転職では致命傷
30代の転職で自己PRと職務経歴を履き違えるのは致命的行為
応募書類を送る際にも30代はビジネスマナー必須

面接対策で意外と大事なこととは

 キャリアに自負があればあるほど、態度に出てしまいます。そうした態度を面接担当者は嫌うかもしれません。ネガティブになり過ぎる必要はありませんが、偉そうな態度は禁物。こうした初歩的な面接の決まり事から学び直すことが、意外と大事だったりするものです。

【参考記事】
30代だからこそ面接でよく質問されることとは
30代転職希望者の面接時の自己紹介のやり方
30代の転職の面接で採用を勝ち取る人は逆質問も綿密に準備
30代の転職と面接後のお礼状のこと

円満退職にするための第一歩

 退職を甘く見ている人、これはとても危険。絶対に円満退職を意識するべきです。そうなるかどうかは、最初の一歩で決まるでしょう。つまり、どう上司や会社に切り出すのか。ここに全神経を集中させることで、円満退職の流れを作ることができます。

【参考記事】
30代だからこそ大事にしたい円満退職
30代の退社の挨拶は、大人の対応がおすすめ
入社式の自己紹介一つで30代の転職の成否は大きく別れる

公開日:
最終更新日:2015/12/02