【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

30代だからこそ大事にしたい円満退職

   

円満退職出来ない場合は最悪、路頭に迷う命取りに…

 少し怖い話をしますが、30代の転職と言うと、おそらく次がラストチャンスと言っても過言ではないと思います。それだけに、人間関係で躓くことも、何かトラブルを起こした立場を無くしてしまうことも絶対に避けなければなりません。

 もちろん、それは転職前の会社でも同じことが言え、たとえ、会社を退職するからといって喧嘩別れするようなことがあった場合、最悪そのことが次の転職先の上司などの耳に触れると、それだけで人間性を疑われ、居場所を無くしてしまうなんてことも十分考えられます。

 20代の若者であれば、まだやり直しが利くところはありますが、30代のあなたは、もう二度と転職のチャンスが訪れない可能性もあり、一生仕事にありつけないという可能性もあるのです。

 事実、私も会社の不正を内部告発し揉めてしまったために、最終的にパワハラを受けて退職に追い込まれてしまうだけでなく、次の転職先も見つからず、自分で仕事を作って生活を得なければならなくなってしまいました。私の場合はフリーライターとしての道を切り開けたためなんとか生計を得ることができていますが、一歩間違えば、即露頭に迷わされることになりかねないのです。

 それだけに、30代の転職者は円満退職することが絶対に必要なのです。

円満に退職するために必要なことは?

 30代の転職希望者は、円満に退職することも絶対必要であると先ほどお話しましたが、では、具体的にどのようなことに気をつければ円満退職できるのでしょうか?

 いずれにしてもあなたが辞められるわけですから、忌み嫌われていない限り、何かしら不満が出るのは致し方ありません。しかし、多忙時を避けて時間に余裕を見て事前に上司に相談し納得してもらうことや、仕事の引き継ぎを綿密に行うことなど、あなたが抜けてしまうことで支障が出ないようにすることができれば、意外と円満退職は出来るはずです。

 事実、私のケースでは、1度目に転職を考え退社した際に、半年以上も前から上司と相談し、引き継ぎもしっかり行っていたため、最後は『がんばれよ!!』と心よく送り出してもらいました。

 誰しも人の人生を縛り上げることなど出来ないのですから、メンツを潰されたり迷惑を掛けられたりしなければ、円満退職できますので、その事を胸に刻み円満に退職できるような手続きを取って退職しましょうね。

【関連記事】
30代の退社の挨拶は、大人の対応がおすすめ
入社式の自己紹介一つで30代の転職の成否は大きく別れる

 - 内定から入社まで

  関連記事

gf1310256106l
入社前・入社後にすべきこと

入社前にしておくべきこととは?  厳しい転職活動を乗り越え、無事に内定が決まった …

MS251_memotonewsp500
内定通知への対応の仕方とお礼状の書き方

内定通知への対応のしかた  30歳で転職活動をする際には、複数の企業に同時に応募 …

入社直後の行動がその後の職場関係に影響する?!

まずは言われたことを実践  なまじ経験を持っていると、新天地でもそれを発揮したい …

入社式の自己紹介一つで30代の転職の成否は大きく別れる

30代の転職者が落とし穴にはまりやすい入社式の自己紹介  30代で転職をされる方 …

30代の退社の挨拶は、大人の対応がおすすめ

30代の転職者が退社の挨拶をどうするのが好ましいか?  転職者にとって、退社の挨 …

af9920070471l
知っておきたい「労働契約」

「労働契約」って何?    労働契約は、労働者(働く人)と雇用者(雇う人)がそれ …