【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

転職活動は在職中に行うべきだと言われているワケとは?

   

保険ありの転職と保険なしの転職

 何かあった時のために備えとして別の手段や補償等を持っておこう、という考えは深い知恵を持つ人間だからこそ獲得することができたもの。こうしたものを“保険”と呼ぶことができると思いますが、転職活動にもこの保険の概念を常に持っておくべきなのかもしれません。

 転職活動での保険もいろいろとありますが、“在職中に転職活動を行う”、これもそのひとつです。

 転職活動が行き詰まることもあるでしょう。転職先が全く決まらないこともあるでしょう。そのための保険が、「今の会社で仕事を続ける」ということ。もし“今の仕事”を失った状態で転職活動をしてしまえば、そこには保険は存在せず、転職活動どころか社会人としての失敗も経験せざるを得なくなるかもしれません。

“お金”と“時間”を天秤にかけてみる

 在職中の転職活動と退職後の転職活動のどちらを選択するか迷ったら、“お金”と“時間”を天秤にかけてみましょう。時間もお金に例えられることがあり、どちらも社会人にとって非常に重要なものです。

 ただ、お金の優位性は変わらないのではないでしょうか。天秤にかければ多くの人がお金の方を重いものだと認識するはず。

 在職中の転職活動は、言ってみれば“お金”を選択する人のための選択。退職後の転職活動は“時間”を選択する人のための選択。在職中に準備から応募からしておいた方が、時間のやりくりは多少苦労するかもしれませんが、最も重要な“お金”に関しては安心感を持ったまま活動できるはずです。

働きながら転職したい人の強い味方

 時間ではなくお金を選択した人も、決して時間を全て犠牲にするわけではありません。時間がゼロなら転職活動はできないわけですから、どうにかして少ない時間を有効活用しなければならなくなります。

 そこであなたの強い味方になってくれるのが転職エージェントなどの求人情報媒体です。こうした媒体の進化が著しい昨今。時間がなくても上手く求人情報媒体を活用することができれば、30代ならあっという間に新しい勤め先を見つけることができます。

 まさにあなたの年代は、今の職場から離れず、その上で転職エージェントなどを活用しながら転職活動を行うのがベストな選択となるのです。

【関連記事】
意外と多かった30代の転職成功率
流れに沿った転職で成功をつかむために必要な行動
30代転職希望者の、在職中・退職後のNG行為・気をつけること

 - 転職の準備をする

  関連記事

流れに沿った転職で成功をつかむために必要な行動

転職には必ず流れが存在する  人生誰でも一度は転職を考える時があります。特に30 …

30代転職希望者の、在職中・退職後のNG行為・気をつけること

在職中・退職後にこれだけはやってはいけないNG行為  30代の転職希望者が持って …

意外と多かった30代の転職成功率

20代と30代では転職率は大きく異なる  みなさんは転職活動をする際に、転職率を …