【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

意外と多かった30代の転職成功率

      2015/12/02

20代と30代では転職率は大きく異なる

 みなさんは転職活動をする際に、転職率を気にしたことが一度はあると思います。実際に20代と30代とでは、転職率は大きく異なり、若ければ若いほど、転職の可能性は高いと一般的に言われています。

 ただ、これは、30代になったら転職できないということの表れではなく、あくまで年齢的なものだけを比較した際に起こる転職率の違いでしか無いのです。

30代でも十分転職率は高められる

 30代の転職率は、想像以上に低く、もう転職を諦めた方が良いと考えている方も中にはいらっしゃるみたいですが、実は転職率が20代より低く見えているのは、単純に年齢的なことを考慮されているだけに過ぎず、30代の転職希望者に企業が求めているような、即戦力、将来に対するビジョン、リーダーシップなどを持っている即戦力となる人物であれば、その可能性は一気に高まります。

 したがって、20第の転職率と30代の転職率だけを比較して落胆する必要は全くなく、30代だからこそアピールできるものを身につけておけば、十分転職率を上げて、転職成功させることは可能なのです。

 実際に30代後半になってから転職活動を初めて無事転職を決めたという人はたくさんいらっしゃいます。

 もちろん何も考えず漠然と仕事に対する不満だけを持って転職を考えた場合は、転職できる可能性は微々たるものですが、しっかり将来のビジョンを見据えた上で即戦力となるスキルを身につけ転職活動すれば、自ずと可能性は上がっていきますので、まずは自分磨きから始めて、有効な転職活動をしてくださいね。

【関連記事】
流れに沿った転職で成功をつかむために必要な行動
30代転職希望者の、在職中・退職後のNG行為・気をつけること
転職活動は在職中に行うべきだと言われているワケとは?

 - 転職の準備をする

  関連記事

30代転職希望者の、在職中・退職後のNG行為・気をつけること

在職中・退職後にこれだけはやってはいけないNG行為  30代の転職希望者が持って …

転職活動は在職中に行うべきだと言われているワケとは?

保険ありの転職と保険なしの転職  何かあった時のために備えとして別の手段や補償等 …

流れに沿った転職で成功をつかむために必要な行動

転職には必ず流れが存在する  人生誰でも一度は転職を考える時があります。特に30 …