【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

応募書類を送る際にも30代はビジネスマナー必須

   

応募書類を送る際にも、実はビジネスマナーは存在する

 30代で転職を考えているみなさんは、応募書類を企業に送る際にもビジネスマナーがあることをご存知ですか?

 実は、ただ提出するだけで問題ないように思われがちですが応募書類の送付一つにおいてもビジネスマナーは存在し、企業はそういったビジネスマナーを重要視しています。

 例えば、手紙を贈る際にも、相手を気遣いお元気ですかと挨拶文を入れますよね。それと同じで、応募書類を贈る際にも必ず挨拶状を添えて、採用担当者を気遣うのが30代に求められるビジネスマナーです。

 20代前半で就職活動していた際に、特に必要とされていなかったのは、ただ大目に見てもらっていただけに過ぎず、本来は必要とされていたものだったのです。

 また、応募書類の概略などを説明したものもあれば、採用担当者がたとえ忙しくしていたとしても、すぐに目を通せるので、このような気遣いは必要と言えるでしょう。

 あくまで企業に採用して貰う立場なので、特に30代の転職希望者は、応募書類を贈る際にもビジネスマナーが存在していることを把握しましょう。

ビジネスマナーのない30代の応募書類の送り方は即却下も…

 ビジネスマナーって社会人にとって結構重視されているところがあるのか、30代ともなるともはや常識と見られがちです。そのため30代の転職においては、応募書類の送り方一つに対しても気を配らなければ、即不採用になってしまうなんてことも十分有り得る話です。

 例えば、挨拶状も応募書類の説明も何もなく応募書類を漠然と送ってしまった場合、20代ならまだ社会人としての経験不足ということで、大目に見てくれる場合がありますが、30代にもなると、『こんなことも知らないのか?…』と呆れられてしまい、それだけで、履歴書などを見ること無く即刻不採用になってしまうケースが多々有ります。

 くれぐれも、忙しくされている採用担当者にあなたの履歴書を見てもらうわけですから、必ず、相手を気遣うように挨拶状を添え、さらに応募書類の内容などわかりやすい説明書きも添えて、失礼のないように応募書類を送る用心がけましょうね。

【関連記事】
中途半端な志望動機は30代転職では致命傷
30代の転職で自己PRと職務経歴を履き違えるのは致命的行為

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

30代の転職で自己PRと職務経歴を履き違えるのは致命的行為

多くの人が混同しやすい自己PRと職務経歴の明確な違い  履歴書や職務経歴書・自己 …

MS251_enshinbun500
差をつける応募書類の郵送方法とは?

応募書類を郵送する場合の注意点とは?  応募書類は、企業にあなたの存在を知らせる …

3samune
職務経歴書の書き方をマスターしよう!

好印象を与える職務経歴書の書き方とは?  職務経歴書で好印象を与えるには、内容も …

no image
志望動機の書き方をマスターしよう!

志望動機を書く際のポイントとは?  30代の転職する際の志望動機を考える際に気を …

中途半端な志望動機は30代転職では致命傷

20代と30代の志望動機の書き方・考えかたはまったく違う  20代の転職では、履 …