【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

志望動機の書き方をマスターしよう!

   

志望動機を書く際のポイントとは?

 30代の転職する際の志望動機を考える際に気をつけなければならないのは、今までの実績や経験を踏まえた上での志望動機にしなくてはいけないことです。30代となると、専門性のある知識や経験を求められてくる時期になります。20代での転職とは違い、やる気や挑戦してみたいという気持ちはさほど重要ではなく、今までの経験や知識を活かしてこんな仕事をしたいというような具体的な内容が求められます。ですので、志望動機を考える際には必ず今までの経験を絡めた内容にしましょう。そうすることで、実際に会社で働いた時にどんな職場で働いて貰うかというところまで想像して貰えるかもしれません。

 また、どうしてその企業を選んだのかということも重要なポイントです。数ある企業の中からどうしてその企業を選んだのか、どこが自分に合っているのかということを説明するような内容でないといけません。30代の転職の場合は必然的に管理能力だったり、マネジメント能力が必要とされますので、どのような職場で今までに経験した管理能力を活かしたいかということを志望動機を書くのが良いでしょう。

志望動機でマイナス印象を与えてしまう表現とは?

 志望動機はどんな理由で志望しているかを知って貰うためのものですが、逆にマイナス印象を与えてしまうこともあるので注意が必要です。特に駄目なのは、他の企業やその業界全体のどこにでも言えてしまうような志望動機です。そのような志望動機は誰でも書けるため、その企業を選んだ理由にはならないのでマイナス印象を与えてしまうことになります。しっかりとその企業独自の商品やサービスと絡めた志望動機にするようにしましょう。

 また、スキルアップしたいというのも駄目な志望動機です。新卒や、20代での転職ならいいのですが、30代となるとスキルアップしてほしいと思って採用はしないからです。30代となると今までの経験を優先されるため、これから挑戦したいう考えの人よりは、今までの経験を活かしたいというほうが好印象になります。マイナスの印象を与えてせっかくの面接を無駄にしないためにも、この二つの内容は避けるようにしましょう。

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

MS251_enshinbun500
差をつける応募書類の郵送方法とは?

応募書類を郵送する場合の注意点とは?  応募書類は、企業にあなたの存在を知らせる …

応募書類を送る際にも30代はビジネスマナー必須

応募書類を送る際にも、実はビジネスマナーは存在する  30代で転職を考えているみ …

30代の転職で自己PRと職務経歴を履き違えるのは致命的行為

多くの人が混同しやすい自己PRと職務経歴の明確な違い  履歴書や職務経歴書・自己 …

3samune
職務経歴書の書き方をマスターしよう!

好印象を与える職務経歴書の書き方とは?  職務経歴書で好印象を与えるには、内容も …

中途半端な志望動機は30代転職では致命傷

20代と30代の志望動機の書き方・考えかたはまったく違う  20代の転職では、履 …