【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

円満退職をしよう!

   

円満退職をしよう

 30代で転職活動をしている人は、内定が決まったらこれまでの会社を退職する際に、円満退職をすることを心がけましょう。30代ということは、おそらく働いている会社で社会人としての成長や、仕事の能力や経験など、多くのことを学んできたと思います。転職できたのも、その会社があったからといっても過言ではありません。

 そんな会社に対して、もし転職するからといって、残りの期間を手を抜いて仕事をしたとしたら、それは社会人としてのマナーに欠けます。恩返しではないですが、退職するまでの期間を全力で仕事をするのが社会人の常識です。

 また、たとえ転職をしたとしても、これまでに気づいてきた人間関係がなくなるわけではありません。会社は違っても人と人のつながりはいつまで続いていきますので、やはり円満退職が大事なのです。せっかく築いてきた関係性ですので、仕事をないがしろにしてその人間関係を壊すことがないようにしましょう。

円満退職をするために心がけるべきこととは?

 転職するうえで円満退職はとても重要なことですが、円満退職とはいったいどういうことでしょうか。つまりは、本人が残りの期間の仕事に対して手を抜かずに最後までやり抜くことと同時に、自分が担当していた業務などをしっかりと引き継ぐことが大切です。しかも、ただ業務を引き継ぎするのではなく、引き継ぎした業務が問題なくスムーズに行えるようになるのが引き継ぎです。

 これらをしっかりと行うことで、円満退職をすることができるのです。また、転職活動を行って内定をもらった際には、すぐに上司などに報告して、退職までのスケジュールを計画してください。これまでに働いていた企業に対して早めに報告することは基本です。退職を告げたらすぐに退職できるものでもありません。

 先程言ったように業務の引継ぎなどもありますし、そのときの会社の状況も関係してきます。急に退職されては会社としても当然困りますし、すぐに代わりの人員が見つかるわけでもありません。それでも強引に退職しようと思えばできますが、それではせっかくこれまで働いてきた企業に対して失礼ですし、そんなことをしては円満退職はできないでしょう。

 - 退職に向けての注意点

  関連記事

no image
引き継ぎや財務処理について

引き継ぎや財務処理をしっかりしよう  30歳でキャリアアップのために転職を決断す …

no image
上司への報告の仕方と退職願の書き方とは?

上司への報告はしっかりしよう  退職しようと決めたら、今日明日すぐに辞めるという …