【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

内定通知への対応の仕方とお礼状の書き方

   

内定通知への対応のしかた

 30歳で転職活動をする際には、複数の企業に同時に応募するのがセオリーです。そのため、第一志望の結果より早く、第二志望以下の企業から内定通知を受け取る可能性もあります。では、転職活動中に応募した企業から内定通知をいただいたとき、どのように対応すべきなのでしょうか。

 そもそも内定通知をもらったら、できるだけ早めに入社諾否の返事をするのが常識です。「第一志望の結果を待ちたい」というのは、あなたの自己都合なので、通常は返事の留保は2~3日から、長くて一週間くらいがせいぜいです。企業によっては、返事を留保した時点で、内定が取り消されることもありますので、交渉には注意が必要です。

内定を断りたい時の対処法とは?

 内定を断りたいのなら、内定通知をもらってから、一日も早く、辞退の連絡をしてください。この場合、企業に対しては「諸般の事情で都合が悪くなりました」という程度でOKです。第一志望が通った結果だとしても、それを企業に伝えることはありません。その際、面接ではお世話になったこと、応募企業に迷惑をかけることになって申し訳ないと思っていることを、誠意をもって伝えるようにしてください。

面接を受けた会社には挨拶状は必要?

 30歳でライバルに差をつける転職活動をしたいなら、面接した企業に対し、挨拶状を出すことをおすすめします。 この挨拶状とは、いわゆる「お礼状」のことです。ここでは、「お礼状の定型文」の参考例をまとめておきたいと思います。

 株式会社○○
 人事部 ○○様

 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 このたびはお忙しい中、面接をしていただきまして、ありがとうございました。

 面接では貴社の事業分野や業務形態など、非常に興味深いお話を頂戴でき、感謝しております。
 特に貴社の仕事を通して社会貢献をしていきたいというお考えに大変感銘を受けました。
 
 面接でもお話しさせていただきましたが、前職で得た経験や知識を活かし、貴社のさらなるご発展に貢献させていただきたい所存です。ぜひとも、よろくお願いいたします。

 末筆ながら、貴社のご繁栄と○○様のご健康をお祈り申し上げます。 敬具

 平成00年0月0日
 氏名

 上記を参考に、部分的にカスタマイズして、作成してみてください。

 - 内定から入社まで

  関連記事

入社式の自己紹介一つで30代の転職の成否は大きく別れる

30代の転職者が落とし穴にはまりやすい入社式の自己紹介  30代で転職をされる方 …

入社直後の行動がその後の職場関係に影響する?!

まずは言われたことを実践  なまじ経験を持っていると、新天地でもそれを発揮したい …

af9920070471l
知っておきたい「労働契約」

「労働契約」って何?    労働契約は、労働者(働く人)と雇用者(雇う人)がそれ …

30代だからこそ大事にしたい円満退職

円満退職出来ない場合は最悪、路頭に迷う命取りに…  少し怖い話をしますが、30代 …

30代の退社の挨拶は、大人の対応がおすすめ

30代の転職者が退社の挨拶をどうするのが好ましいか?  転職者にとって、退社の挨 …

gf1310256106l
入社前・入社後にすべきこと

入社前にしておくべきこととは?  厳しい転職活動を乗り越え、無事に内定が決まった …