【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

入社式の自己紹介一つで30代の転職の成否は大きく別れる

   

30代の転職者が落とし穴にはまりやすい入社式の自己紹介

 30代で転職をされる方たちにとって、転職先で年下の先輩が出来るなんてことはよくあることだと思います。芸能界でも後輩だけど実は年上だったという関係の人はたくさんいらっしゃるそうですし、ビジネスの世界では当たり前に見られる光景だと言って良いでしょう。

 そこで、大抵の方が陥りやすい大きな落とし穴が、入社式の自己紹介にあります。

 入社式と言ってもフランクに済ませる会社もあれば、盛大に式典を設けて行うところもあり様々で、中には自己紹介がいらないところもあるので一概には言えませんが、間違ってもあなたが新入社員であるということは忘れないで下さい。

 万が一そのことを忘れてしまうと、後で取り返しの付かない大きな落とし穴にハマってしまいますので、くれぐれも注意しましょうね。

入社式の自己紹介は身分相応で行おう

 たとえあなたが30代で、転職先の先輩社員が20代と年下だったとしても、その会社ではあなたが新入社員であり一番後輩であることに違いありません。

 入社式で同期に話しかける挨拶なら、多少フランクにしても問題ないかもしれませんが、大抵は、全体に対して挨拶するわけですし、他の先輩社員がいる中でフランクに話してしまったら、『何だこいつは?』と一気に印象を悪くしてしまうなんてことも十分考えられます。

 何よりも転職先で良好な人間関係を構築することは、その後の人生を成功させるかどうかを決める重要なことと思います。それだけに、たとえ20代であっても先輩は先輩と身分をわきまえて、先輩社員を敬うように自己紹介するようにしましょうね。

【関連記事】
30代だからこそ大事にしたい円満退職
30代の退社の挨拶は、大人の対応がおすすめ

 - 内定から入社まで

  関連記事

af9920070471l
知っておきたい「労働契約」

「労働契約」って何?    労働契約は、労働者(働く人)と雇用者(雇う人)がそれ …

30代だからこそ大事にしたい円満退職

円満退職出来ない場合は最悪、路頭に迷う命取りに…  少し怖い話をしますが、30代 …

30代の退社の挨拶は、大人の対応がおすすめ

30代の転職者が退社の挨拶をどうするのが好ましいか?  転職者にとって、退社の挨 …

入社直後の行動がその後の職場関係に影響する?!

まずは言われたことを実践  なまじ経験を持っていると、新天地でもそれを発揮したい …

MS251_memotonewsp500
内定通知への対応の仕方とお礼状の書き方

内定通知への対応のしかた  30歳で転職活動をする際には、複数の企業に同時に応募 …

gf1310256106l
入社前・入社後にすべきこと

入社前にしておくべきこととは?  厳しい転職活動を乗り越え、無事に内定が決まった …