【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

上司への報告の仕方と退職願の書き方とは?

   

上司への報告はしっかりしよう

 退職しようと決めたら、今日明日すぐに辞めるということは、社会人としてのマナーに反するので絶対にしてはいけません。タイミングを見て、まずは直属の上司に報告して退職する時期を相談し、しっかり引き継ぎをしてわだかまりなく退職するのが、社会人として望ましい姿です。

 上司へ報告するタイミングは、なるべく会社の繁忙期や決算時など忙しい時期は避け、自分の携わっているプロジェクトなどがあればきちんと終えてから報告しましょう。就業時間内はなるべく避け、休憩時間や定時を過ぎてから上司のタイミングを見て話すのがベストです。

 引きとめられる可能性もあるので、迷いがあるのなら思いとどまった方が良いかもしれません。説得されて退職するタイミングを逃してしまうこともあるでしょう。自分の中ではっきりと退職する意思が固まって、引きとめられても揺るがないくらい決心をしてから報告するべきです。

退職願は提出すべき?

 口頭で退職することを伝えていても、退職願はきちんと提出しましょう。提出する相手は会社によって違いますので、自分のいる部署の部長に提出するのか人事部に提出するのか、わからない場合は直属の上司に確認しましょう。

 また、会社によっては退職届を提出する時期が決められている場合もあります。退職する1ヶ月前までの場合や2ヶ月前までというような決まりがあるかもしれないので、就業規則を事前に確認しておきましょう。

 退職する理由がどんな理由であるにしろ、お世話になった会社にきちんと文書にして退職願を提出するのがマナーです。

退職願の書き方とは?

 退職願は、白地の縦書きの便箋に書くのが一般的です。まず、一行目の中央に「退職願」と書き、一行空けて次の行の一番下に「私事」と書きます。

 退職理由は書く必要はありません。「一身上の都合により○月○日をもちまして退職いたしたくここにお願い申し上げます」と書き、提出する日付と部署・名前を書き押印します。一番最後に宛名を書きますが、ここは社長宛が一般的です。

 白地の封筒に入れ、表の中央に「退職願」、裏に自分の部署・名前を書いて提出します。黒のサインペンや万年筆などで丁寧に書き、誤字・脱字がないかきちんとチェックしましょう。

 - 退職に向けての注意点

  関連記事

no image
引き継ぎや財務処理について

引き継ぎや財務処理をしっかりしよう  30歳でキャリアアップのために転職を決断す …

no image
円満退職をしよう!

円満退職をしよう  30代で転職活動をしている人は、内定が決まったらこれまでの会 …