【実力で選ぶ】30代転職ナビ

*

エンジニアを目指す30代

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • 多くの求人から自分に合った求人が探せる
  • 転職の可能性が広がるスカウト機能
  • 転職成功ノウハウなど役立つコンテンツ満載
  • 利用者の声
    良かった
    読み物がたくさんあり、訪問して楽しいと思えるようなリクナビNEXT。こんな転職サイトと出会ったのは初めてです。そうした情報を無視して検索してばかりいる人は、転職に向かないかもしれません。それくらい、リクナビNEXT内の読み物は人生観や転職活動のあり方も変えてくれます。
    良かった
    転職は初めてでしたが、リクナビNEXTを使うことで、特に問題なく進めることができました。面接の仕方や応募書類の正しい書き方も身につけることができたことは、ある程度経験を積んだ30代の私にとっても大きな財産となっています。再び転職するようなことがあれば、必ずこのサイトを使うでしょう。
    良かった
    きっちりと年齢制限を設けている企業はほとんどありませんが、求人を見る限り、リクナビNEXTは30代の転職希望者にうってつけのサイトかと。掲載企業がそれを望んでいるように読み取れるのです。私もそうですが、この年代は決断ひとつで人生が変わります。その正しい決断ができたのは、リクナビNEXTあってこそのような気もしています。
    普通
    リクナビNEXT以外にもスカウト機能って、今や当たり前のようにありますよね。個人的には、そうした他のサイトの同様の機能と、あまり違いがわかりませんでした。むしろ、無駄なオファーが届く分、リクナビNEXTを絶賛するには至らないという結論に至りました。
    普通
    リクナビNEXTで求人を検索しても、いつも最初に引っかかるのは同じような企業なんですよ。もっといろいろな企業をチェックしたいのに、そこまでの手間がかなりかかる。掲載料の違いなのかな?検索機能にもう少し工夫があればいいのに…。


    エンジニアをはじめとする専門職は、営業職や事務職と違って、進化する技術に臨機応変できる柔軟性がなければ、転職が年々難しくなります。
    エンジニアにとっての30代は、自分の将来のキャリアを決定づける大切な時期です。
    この間に、業務上のスキルだけでなく、組織の中で必要とされるスキルを身につけておかなければ、若い世代にポジションを奪われる恐れがあることを自覚し、転職を有利に運ぶための準備をしておく必要があります。

    2.30代のエンジニアが身につけておきたいスキル
    では、30代のエンジニアは、専門スキルのほかに、どんな能力を磨いておくと良いのでしょうか。
    ★ここがポイント!
    ・設計に関連するITスキル
    ・コミュニケーションスキル
    ・クライアントで発表や説明ができる、プレゼンテーションスキル
    ・組織運営に役立つマネジメントスキル
    これまでは、目の前の自分の業務を遂行することだけで、評価されていたはずです。
    ですが30代のエンジニアは、40代になっても会社に必要な存在でいるために、組織運営や人材育成できる人間性を磨いておかないと、キャリアアップが望めなくなります。
    いまの自分に足りないスキルを見つけ、磨く努力をしておくことが、将来の自分を守ると心得ましょう。

    3.40代以降に必要とされるスキルとは?
    30代で転職を果たしたら、その後は安定的に働きたいと考えているなら、40代に向けて、さらに磨いておきたい能力があります。
    「利害交渉能力」「変革推進能力」「コーチング能力」「問題解決能力」の4つです。
    40代ともなると、自ら実務を実践するより、プロジェクトの責任者として、チームをまとめていくことが求められるようになります。
    会社の利益を守るために社内外の人材を上手に活用し、必要とあらばこれまでの方針を変更して、業務効率化を進めるなど、リーダーシップを発揮するよう心がけ、経験を積んでおくと良いと思います。

    公開日:
    最終更新日:2015/02/04